絆2 ミニキャラ 朧 弦之介 天膳 陽炎 示唆内容 出現率 |覚えておけば設定判別に使える?!

▼目次

  1. ミニキャラ 天膳 陽炎
  2. ミニキャラ 朧 弦之介
  3. ミニキャラ 上記以外
  4. まとめ

ミニキャラ 天膳 陽炎

ミニキャラの天膳と陽炎は通常時のモードを示唆しています。

ミニキャラ 天膳と陽炎の演出パターン

演出 ①去る ②不機嫌 ③微笑 ④笑う ⑤大笑い
画像

演出 ①後ろを
向く
②ため息 ③左肩 ④両肩 ⑤妖艶
画像

モード別演出発生割合

ミニキャラの天膳や陽炎の演出が発生した際のモード別の演出パターン選択率を表したものが下記です。

パターン モードA モードB モードC モードD
27.6% 27.0% 23.5% 23.0%
59.5% 53.0% 50.7% 46.0%
12.5% 17.5% 20.0% 20.0%
0.4% 2.5% 5.3% 9.0%
0.5% 2.0%

パターン⑤はモードC以上確定でモードDの可能性UP
パターン④はモードが良いほど出やすく、モードAではほとんど出ない。

それ以外はどのモードでも普通に出るので、特に覚える必要はないです。

モード推測を設定判別に使う

モードUP抽選は基本的にはチャンス目で行っています。(奇数と偶数で設定差があります)

設定1.3.5(チャンス目成立時)
モードA滞在時 A→B:48.4% A→C:1.6% A→D:0.4%
モードB滞在時 B→C:33.2% B→D:0.4%
モードC滞在時 C→D:25.0%

設定2.4.6(チャンス目成立時)
モードA滞在時 A→B:64.4% A→C:2.0% A→D:0.4%
モードB滞在時 B→C:49.6% B→D:0.4%
モードC滞在時 C→D:33.6%

設定6のみハズレでのモードUP抽選を行う。
モードA滞在時 A→B:0.4% A→C:0.4%
モードB滞在時 B→C:0.4%
モードC滞在時 C→D:0.4%

他の設定のハズレのモードUPに関してはまだ解析が出ていないだけだと思っていましたが、出版社の解析サイトに設定6のみハズレでのモードUP抽選を行うと記載されていました。

6ならハズレでAやBからCに1/250で昇格するので、かなり現実的な確率で昇格します。
これを使えば、状況によっては6濃厚になる場合があります。

(例)モードBスタートでチャンス目なしからミニキャラ天膳のパターン⑤を確認(C以上)
→ハズレでのモードUP抽選の可能性大(設定6濃厚)

ユニメモの達成率が85%以上であれば、ユニメモで全てのスタート時のモードを後から確認できるので、判別に使えそうです。

したがって、モードが確定する上記のミニキャラ演出は必ず覚えておきましょう。

また、他のモードC以上濃厚演出として下記があります。
・赤墨から吉田宿ステージに移行
・響八郎疾走(背景:赤)から吉田宿ステージに移行
・小役入賞時LED白
・甲賀卍谷ステージから七里の渡しに移行
・伊賀鰐隠れステージから佐屋路に移行
・弦之介カットインから連続演出発展でBC非当選
・忍びの玉(好機)→モードC以上確定(モードDの可能性UP)

上記は覚えておくと良いと思います。
これはあくまでモードC濃厚演出で確定ではない可能性があるので、ご注意ください。

ミニキャラ 弦之介 朧

ミニキャラの弦之介と朧は通常時の状態を示唆しています。

ミニキャラ 弦之介と朧の演出パターン

弦之介
後ろを向く 転ぶ
書を読む 扇子を出す
抜刀 舞の構え
刀を構える
舞う
刀+オーラ大
舞う+回転

パターン④と⑤の違いはオーラの大きさを見ておけば判断がつきます。(オーラ大が⑤)

状態別演出発生率

パターン 通常 フェイク
高確
高確 超高確
約1/42 約1/90 約1/200 約1/270
約1/55 約1/25 約1/47 約1/150
約1/200 約1/52 約1/58 約1/180
約1/400 約1/125 約1/42
約1/16

パターン④、⑤は通常では発生しない。
パターン⑤は超高確確定

①〜④はフェイク高確でも発生するので、超高確が確定するパターン⑤だけを覚えておけば良いと思います。

ミニキャラ 上記以外

上記以外のミニキャラで覚えておいた方が良いアクションとして、下記があります。

・ミニキャラ 刑部→押し順不問ベル成立→超高確率濃厚

・ミニキャラ 小四郎→押し順不問ベル成立→超高確率濃厚

まとめ

絆2のミニキャラの演出示唆内容についてまとめました。
特にモードを示唆する天膳と陽炎のアクションについては設定6の判別の際に役に立つ場合があるので、ぜひ覚えておいてください。